LINEで送る

kyousitu
kyuukyousitu
rouka

お久しぶり投稿でございます、長い間更新できず申し訳ございません。
3月繁忙期中は移転業務が重なりあちこちで当社トラックを見かけられたかと思います。既に5月に入り暑い日が最近は続いております。
急に暑くなったりと体調など崩さない様皆様もどうか頑張って下さいませ。

早速!!
冒頭の写真でございますが、今回は高校の仮設校舎への運搬業務委託に立ち会って参りました。

kururinnpa

吊作業になるのでしょうか…

kururinnpa

階段が通らないので直接下に卸しております。

kururinnpa

旧校舎より仮設校舎に全ての備品ではなく、一部の備品什器等の運搬となります。

rouka
kyousitu
kyousitu
pasokonnkyousitu

pasokonnkyousitu
pasokonnkyousitu
pasokonnkyousitu

jyuukioudann
torakkuoudann
torakkuoudanntyuu

扇町高校様は校舎の前に道路を挟んでグランドがございまして、今回仮設校舎はそのグランドの敷地内に設置されております。
なので一旦道路を渡ってグランド内に侵入しての運搬となります。

kasetukousya
syobunnokiba
kasetukousya

kasetukousya
kasetukousya
hannnyuusagyou

今までの移転業務において、例えば当社が落札したとしても移転目的の詳しい内情までは説明がされないことから今回も自身で少し調べてみました。

【大阪市は、市立普通科系高校3校を再編整備し、現扇町総合高校敷地に新高校を開設する。新校舎の建設や既存校舎の改修などを予定しており、2019年度に仮設校舎の建設と既存校舎の解体工事に着手する。20年度に新築工事、21年度に改修工事にそれぞれ着手し、22年度の開校を目指す。
 再編整備の対象となるのは、市内にある西、南、扇町総合の3校。扇町総合は、北区松ケ枝町1ノ38に位置。既存施設は校舎棟4棟と体育館で構成している。このうち敷地東側の校舎棟の老朽化が進んでおり、解体して跡地にボリュームアップした形で新校舎を建設する。新校舎の規模は鉄筋コンクリート造5階建て延べ5000平方㍍程度を想定、学級規模は1学年6学級を見込む。
一部の校舎棟や体育館は残し、改修して利用する方針。新築工事と改修工事は一括して発注する見通しだ。
 実施設計は内藤建築事務所(大阪市中央区)が担当している。
 また、再編後の西高校(西区北堀江4ノ7ノ1)については、過大規模化が見込まれる堀江小学校の分校を整備して活用する方針。
 市ではこれまで、普通科系の市立高校7校を対象に再編整備の方向性を検討してきた。このうち英語科や情報科学科、国際観光やマーケティングなどを学ぶ総合学科がある西、南、扇町総合の3校について、それぞれが持つ特色を発展させるため、再編整備の方向性を決定した。】と他の記事に掲載がございました。

自身で校舎の中に入りましたが教育委員会様が指摘されていた通り一部かなり老朽化は進んでおりました。
作られたものはいづれ古く脆くなっていくものですね。

hannnyuusagyou
tumikomisagyou
tumikomimatibihinn

今回も備品は道路を挟んでの運搬でしたが、事故等もなく順調にお昼には終了致しました。
次回、御戻りの移転業務も無事に当社で落札できる様願っております(^▽^)

また、
国内にコロナ(COVID19)の蔓延しており皆様もずっと不安とストレスの中毎日本当にお疲れ様です。
自身も毎日毎日不安で仕方がありません。一日でも早く収束又は新薬の開発を自身も含めて皆様の願いが届きます様心より願っております。

LINEで送る