LINEで送る

ホウワコンテナショップ 店長のコンテナまみれの日々 第41話!

どうも、店長の三木です。

本日は中古コンテナの整備前の状態を少しご紹介致します。

当社に取り扱っております中古コンテナは、製造後約12年前後経過している物を再利用し、お客様に販売しております。

12年程使用されてますので、サビは必ず回っており、それを除去するのに当社作業員は日々奮闘しております。

cuukocontainer柱部分や壁部分にサビが付いております。

この部分を叩いたり、削ったりして除去していきます。

cuukocontainer1観音扉周りにもサビは付着しておりますので、落として整備を行います。

サビは放っておくと、腐食し最終的に穴が開いてしまいます。

そうならない為にも、メンテナンスを定期的に行って頂くことをオススメしております。

サビをひと通り落とし、さび止めペンキを部分的に塗り、その後元のコンテナの色に近いペンキを錆落とし完了部分にのみ塗装します。

cuukocontainer2部分的な塗装のみですので、景観が気になる際は、綺麗にペイント1色仕上げを行わせて頂きます。(別途有料)


中古コンテナの場合は、壁面等の凹みが必ず御座います。

良く『凹みの少ないタイプで!』や『サビがほとんど出てない物を希望』等のご意向をお聞きするのですが、中古コンテナの場合は程度が良いものというのは、ほとんど入庫致しません。

それなりに程度の良い物は、基本的に元の使用者(船会社さん等)が手放しませんので、当社のような業者に売ってくれる物というのは、それなりの程度の物とお考え頂くのが本音です。

その中から、出来る限り程度の良い物を、きちっと整備を行ない、皆様にお届け致しております。

凹み等が気になられるお客様には、新品コンテナ(中古品と比べますと少し高いですが・・・)をオススメ致します。

詳しくは、三木までご連絡下さいませ。

TEL 0120ー16ー1771

以上三木でした。

LINEで送る