LINEで送る

ホウワコンテナショップ店長のコンテナまみれの日々 第269話!

こんばんは、ホウワコンテナショップの三木です。


本日は、コンテナの加工を行わせて頂く頻度の高いドアの種類を簡単にご紹介。
katteguchidoa
こちらは、当社お客様からの取付依頼が一番多い【勝手口ドア】となります。
勝手口ドアは、アルミ製が大半でして、一番安価でサビに強い商品となります。
倉庫や簡易事務所等でご利用頂く事が多いです。
ただし、ドア本体のパネルの防犯性は低いのが、難点です。



furassyudoa
こちらはフラッシュドアとなります。フラッシュドアはガルバリウム合板が使用されており、勝手口ドアと同様でサビに強いです。
勝手口ドアの次に安価で大変人気のあるオプションです。
勝手口ドアよりも作りが強く、防犯性が高い点もオススメです。
価格も勝手口ドアよりも少し高いだけですので、出費も抑える事が出来ます。
ただし、ドア本体に窓を組み込めないタイプとなりますので、ドア本体に窓が必要な際は、勝手口ドアをオススメ致します。



tetuseidoa
こちらが鉄製ドアとなります。
なんといっても強固で、事務所や蓄電池保管用コンテナ等にご使用頂くケースが多いです。
重厚な作りの割に、開閉はスムーズで軽く、お子さんでも問題なく開閉できます。
でも、価格は勝手口ドアやフラッシュドアと比べますと、高いです。(約2倍近く致します。)
価格が高い分、防犯性に優れておりますので、庫内に高値や商品や機器、重要な書類等を保管されるお客様にオススメ致しております。
店舗等でご使用になられる際は、防犯性の高いガラスを付けてご利用頂くことも可能です。



以上3点が、ホウワコンテナショップで多く施工させて頂くドアの種類となります。
もちろん上記以外でも住宅用のドアや、店舗用のドアフレーム以外ガラス張りのドア等様々な種類が御座います。
ドア取付加工はもちろん、その他の店舗、事務所、スタジオ(防音)コンテナ等の加工をご検討の際は、ホウワコンテナショップにお任せ下さい。
お問い合わせは、0120-16-1771となります。
以上三木でした。


containerheaderinfo22

LINEで送る