LINEで送る

ホウワコンテナショップ 店長のコンテナまみれの日々 第10話!

こんにちは、ホウワコンテナショップ店長の三木です。

本日は忙しく過ごさせて頂いております。

なぜなら、本日より群馬県に設置の為、出張に出発するからであります(‘-‘*)

出張は好きです。現地のおいしい物を食べて、おいしいお酒を飲んで、爆睡!

うーーーん、マンダーーーム!(どういう意味?)

ホウワコンテナショップは、北は北海道から南は沖縄まで全国どこでも対応可能で御座います。

どこからでもお問合せ下さいませ。

さて、本日はコンテナの床ってどういう構造になってるの?と言うご質問が多いので簡単にご紹介を。

コンテナ床の画像はこちらを

containeryuka

コンテナの床は海上輸送用の規格で厚みが28㎜と定められております。(20ft及び40ft)

合板の下には、約30cmピッチで根太(梁)が入っており、かなり強い構造となっております。

床耐荷重は約20t!

フォークリフトも入っても問題御座いません。

大きな重量物を保管しても問題御座いません。

物置などと比べても、その強度は群を抜いております。

倉庫等をご検討されます際は、まずはホウワコンテナショップへご連絡を下さいませ。

0120-16-1771 メタボ店長の三木までお願い致します!!

 

 

LINEで送る