LINEで送る

ホウワコンテナショップ 店長のコンテナまみれの日々 第38話!

どうもこんばんは、店長の三木です。

本日は通気口の種類を簡単にご説明します。

コンテナをご購入頂く際、通気口をオススメさせて頂く事が多く御座います。

倉庫、事務所、店舗、すべてにオススメさせて頂いております。

理由と致しましては、2点御座います。

夏場の暑い空気を外部へ逃がす為。

冬場の結露の防止の為。

なのです。

結露に関しましては、通気口を取り付けても起こってしまう事も御座います。

本当に結露を防止するのであれば、断熱を行ない、換気扇を取り付ければ、完全に防ぐ事が可能となります。

通気口も当社で取付させて頂く種類は、大きく分けて3種類御座います。

一番安価で通気性の良い樹脂製ガラリ取付通気口。

tuukikou1このタイプは通気効率が良いのですが、一点難点が御座います。

普通の上から降ってくる雨では、全く問題無いのですが、横殴りの雨は庫内に吹く込んでしまうケースがあり、庫内のお荷物が濡れてしまう事が今までの事例で御座います。

強風が良く吹き込む場所ではオススメできません。

次は、丸型通気口です。
tuukikouこちらの通気口は金額は樹脂製と変わらないのですが、換気効率が若干落ちます。

ただし、横殴りの雨も防いで切れますので、個数を多めに取付されましたら、問題御座いません。

最後に、フード付通気口です。
tuukikou2こちらのタイプは上記2種類と比べますと少し高値ですが、横殴りの雨等も防いでくれる事と、換気効率も良いので、一番オススメしております。

ただし、一番高いので、ご予算とご相談になるかと思います。

以上が、通気口の一般的な種類となります。

設置場所の状況やご予算でお決め頂く形となります。

コンテナや物置をご購入されます際は、通気口もセットでご検討を。

以上、三木でした。

LINEで送る