LINEで送る

ホウワコンテナショップ 店長のコンテナまみれの日々 第11話!

こんばんは、ホウワコンテナショップ店長の三木です。

昨晩より群馬県に出張(設置)に行ってまいりました。

設置資材等の関係で、車で行ったのですが、6時間半程で到着しました。

群馬県は、今回初めて行ったのですが(関東は群馬のみ行っておりませんでした)、私が住んでいる奈良県と変わらず、自然豊かな町で、車も運転しやすく、良かったです。

コンテナ甘楽町役場様からのご依頼で、基礎工事をされます現地の業者さんの小林組様よりご購入窓口となって頂き、ご購入頂きました。

kobayashigumisama
kobayashigumisama2


自然と調和する色で、違和感がありませんね。

当社で上位の人気色となります。

甘楽町様は東京都北区を防災協定を結ばれているそうで、東京都北区と協力し今後も防災対策に力を入れていかれるそうです。

無事設置も完了し、小林組の社長と色々とお話をしておりましたら、設置場所の隣に「織田宗家の城跡がある」との情報を頂き興味がわいてしまい、ついつい見に行ってしまいました。(社長、仕事中にすみません。)

甘楽町 楽山園

織田信長さんの次男の織田信雄さん(オダ ノブカツ)が築庭された所だそうで、お城跡等もあり、広大な敷地でした。

なんといっても、園内には復元された茶室がありまして中に入ることが出来ちゃいます。

茶室の中に入り、畳の心地よい香りと綺麗に管理された庭を見てテンションが上がってしまい、殿様になった気分を満喫できます。周りに人がいないを確認し誰もいないようでしたので「よは満足じゃ」とごくありふれた時代劇等で出てくる台詞を叫んでおりました。(小雨だったので、観光客も少なく周りに人がいないはずだったのですが・・・)

殿様気分に満足し、茶室を出たらすぐにカップルが来てしまい、私を半笑いの顔で見られてしまいました。(-_-)ウーム

kobayashigumisama4
kobayashigumisama5


あかん、さっきの「よは満足じゃ!」を聞かれてた。

だから半笑いで私を・・・

恥ずかしいやら、かっこ悪いやら、ソソクサと茶室を後にし、帰りました。

皆さんも人がいないと思って、大きな声で独り言を発する時は気をつけてください。(あまりいないと思いますが。)

LINEで送る