LINEで送る

コンテナの品質
コンテナステッカー
ホウワコンテナショップでは納品する中古コンテナへ左記の品質保証ステッカーをお付けしております。
お客様に安心して当社の中古海上コンテナをご利用頂ける様、当社独自の安心整備基準を設けております。

この品質保証ステッカーをお付けした中古コンテナは、中古コンテナ最大の難点である

  • 雨漏り
  • 扉の開閉が困難
  • 錆の付着が多い

の諸問題がございません。


当社が定めた安心整備基準(雨漏れ点検・扉開閉調整・その他錆落し等)をクリアした中古コンテナにのみお渡し致します。
このステッカーは当社が責任を持って整備した証なのです。
中古コンテナは長く使えてこそ価値があります。


単に値段が安いだけの他社製品とは一線を画す高品質な中古コンテナだけをお届けします。


納品前の整備について

補修
私共はお客様よりご注文をお請けしてから、当社独自の安心整備基準に基づいた補修を行いお客様にお渡し致します。


納品前の整備工程 中古コンテナのタッチアップ仕上げ

観音扉の開閉も困難な状態
①補修前のコンテナは錆が多くあり、大抵の場合、観音扉の開閉も困難な状態となっております。


錆び落とし
②まずは念入りに錆び落としを行います。体力と根気の必要な作業ですが当社スタッフはコンテナに新しい命をふきこむべく全て手作業で真心をこめて行います。


ペイント
③観音扉の調整を施した後に錆止めを拭き付け、その後コンテナ元々の色に近い同一色のペイントを拭き付けまして仕上がります。


キズ・凹み
④勿論、中古のコンテナですのでキズ・凹みは御座いますし全体にペイントを拭き付けておりません。見た目は疎らなペイント仕上げとなりますがこの先、倉庫・物置などで長期間ご利用していただけます。


我々のコンテナ愛は海よりも深いのです

コンテナ愛
近年、海上コンテナを販売・加工・リースをする業者が全国でも増えて来ておりますが、ここまで情熱を持って中古コンテナを整備できるのは当社だけと言っても過言ではありません。


セールストークとして他社ではよく


「IICL基準(メンテナンスの国際標準規格)のタッチアップ作業をしています・・・」
「錆び落し(タッチアップ)を行なってますからご安心ください!」


等の説明を伝えてきます。


でもそれはあくまでも船便輸送の為の基準のタッチアップでしかありません。本来、倉庫や物置・店舗などにご利用頂くにはあまり適していない方法と当社では考えます。


当社では少しでも長くお客様にご利用頂けますように、当社独自の安心整備基準としての

  • 錆び落し処理
  • 扉開閉調節
  • 雨漏れ点検/補修

を設けて修理を行なっております。地上で長期間固定して使用する事を前提にした当社の安心基準をクリアしたコンテナこそが、倉庫や店舗にご利用頂けるコンテナなのです。


中古海上コンテナは値段だけでは決められません。ただ粗悪なコンテナをうまくごまかして安く売るだけの業者はいくらでもあります。(当然ながらこの手の業者は売れば売りっぱなしになります・・・)


コンテナの仕上げ内容と価格のバランスでお考え下さい。WEB見積りや電話応対の雰囲気でおおよそわかるものです。程度が悪くて安いのは当たり前、本当に良い商品を安く売る業者選択をなされて下さい。


中古海上コンテナは事前の知識と業者選択が非常に大切です。私共、ホウワコンテナショップは最後の最後まで、ご購入後何十年先までも「ご満足・ご安心」して頂ける様に精一杯の対応を信条としております。



どんな些細な事でも結構です。是非、ご質問やご要望などが御座いましたら、どうかご遠慮なくお問い合わせ下さいませ。

LINEで送る