LINEで送る

店長のコンテナまみれの日々 第359話

こんにちは、三木です。

先週は埼玉県に出張等をさせて頂いておりまして、ブログ更新が出来ませんでした。

その埼玉県入間市で、当社P-BOY(防災倉庫)の納品事例が1件増えましたので、ご紹介させて頂きます。
埼玉県内に12フィート防災コンテナを納品基礎をお客様の方で行って頂き、弊社は基礎の上に設置及びアンカー固定させて頂く所までと言う内容で御座いました。

無事設置は完了したのですが、少しだけ時間のかかる設置となりました。

その理由と致しまして、高さ制限のある通路を通して、お客様のマンションの裏手に運び入れかねればならない為で御座います。

高さ3.2mの通路を通さなければいけません。まず進入経路なのですが、入口に高さ3.2mの通路がありまして、トラックに乗せてそのまま運動できることが出来ない場所で御座いました。
通常、コンテナをトラック上に乗せて運搬する際は、地上からの天井高(コンテナの天井部)までで約3.8m御座います。
通常の道路であれば、全く問題が無いのですが、低い所への搬入は、色々な問題が出てまいります。

レンタルフォークリフトそこで、このようなフォークリフトをレンタルしまして、通路を通る方法での設置とさせて頂きました。
この最難関の3.2m通路さえ通れれば、設置は出来るとの判断から、こういった方法を取らせて頂きました。

ここから画像が飛んでしまうのですが、私もフォークリフト(有資格者)の運転で、撮影の余裕が全くありませんでして、気が付けば設置寸前の画像に飛んでしまいます。(悲)すみません。m(_ _”m)ペコリ

その後、フォークリフトで無事に通路を通し、下の広場でトラックに積み替え、100m程移動した設置場所に到着。

ユニック車に積み替え後、設置致します。ユニック車に積み替え後、吊り上げ設置を行ないます。
フォークリフトは、あくまでも転がして移動する際に使用するのみでして、すべてフォークリフトで行なうとなりますと、4.5t以上の大きなフォークリフトが必要となります。

庫内には、断熱施工と棚製作施工をさせて頂きました。設置及びアンカー固定完了後、お客様に扉開閉説明を行わせて頂きまして、設置が無事完了致しました。

通常の吊り上げ設置の平均時間は1時間前後となるのですが、敷地内移動等の時間がかかってしまい、朝9時からの作業開始から3.5~4時間程の設置時間を有してしまいましたが、お客様にもお立会い頂き、安全にお引渡しさせて頂く事が出来ました。

コンテナもあまりに狭い所は設置が出来ませんが、フォークリフト等を使用する事により、設置出来る場合も多々御座います。

設置が難しいとお諦めになる前に、是非当社にお声をお掛け下さいませ。

困難な設置場所でも、当社のノウハウで何とか設置が出来るかもわかりませんよ。

諦める前に、まずご連絡を。
お問い合わせは下記までお願い致します。
お問い合わせは0120-16-1771まで。

以上三木でした。

LINEで送る