LINEで送る

天然木ウッドデッキのお手入れ
ウッドデッキは自然の木そのものの質感が楽しめる反面、ささくれやトゲ、そりなど自然素材ならではの劣化が起きやすくなります。正しいメンテナンスでいつまでも美しい風合いをキープして下さい。

天然木にはささくれやトゲはつきもの

天然木ウッドデッキのお手入れ
やはり天然木を使用したウッドデッキはその質感の良さが大きな魅力です。近年では樹脂製デッキの質感も向上していますが、やはり本物の木には遠く及びません。しかし、天然の木は紫外線や雨の影響で劣化が進むため、長く使用するにはメンテナンスが必要となります。
掃き掃除やふき掃除を行うとともに、ささくれやトゲの補修も行って下さい。発見したらサンドペーパーを使用して削るのが手軽でおすすめです。まずは粗目のサンドペーパーを使い、そのあとに目の細かいものでなめらかにすると誰でも簡単に表面を美しく仕上げることができます。
※注意点として怪我防止のためにも、手袋や靴を着用して作業を行って下さい。

年に一度はオイルステインを塗布

天然木ウッドデッキのお手入れ
天然木ならではの経年変化として反りやひび割れがおこります。これは雨や雪をはじめとして一日の気温差や湿度差によって木が体積の膨張と収縮を繰り返すために引き起こされるのですが、未然に防ぐ方法として年に一度程度のペースでオイルステインを塗布して下さい。「オイルステイン」は木の通気性を維持したまま撥水効果を高めてくれるので、屋外に設置した木製品のお手入れには大変効果的なものです。購入の際には仕上がりの色を確認するとともに必ず「ニスなしタイプ」のものを選んで下さい。ニスは木材の表面をコーティングしてしまいますので、木が呼吸できなくなって、逆に劣化をはやめてしまいますのでご注意下さい。木は生きているのですから。

ウッドデッキの下には土間コンクリートを

下を土のままにしておくのと比べて土間コンクリートにした方がはるかに長持ちします。湿気の影響を受けにくいので劣化が進みにくく、厄介なシロアリの心配もございません。雑草も生えないので、雑草対策の必要もございません。

ウッドデッキのご相談、お悩みはホウワハウジングへ

ウッドデッキをはじめ、コンクリートデッキやタイルデッキ、樹脂デッキなどお庭まわり、エクステリア関連のご相談ならどんな些細なことでもホウワハウジングまでお気軽にご相談下さいませ。奈良で生まれて創業51年、実績豊富な当社なら安心です。
ホウワハウジング外構エクステリア問合せ

LINEで送る