LINEで送る

皆様こんにちは!ホウワのセミDXこと松山大祐です。

今日は橿原市のお客様のお話です。奥様を10年ほど前に亡くされたご主人が、一人で住んでおられるお家の片付けでお呼び頂きました。お話をお聞きすると、約10年前に奥様を亡くされたのですが、奥様の持ち物を整理する気力が全く起きなかったそうです。何とかしないといけないとは思うのですが、心の整理が全くつかずに約10年経過した今、何とか遺品整理をされる気持ちになったそうです。大切な人を亡くされて本当に辛い思いをされたんだなと改めて思いました。私達は、お客様の様々な思いや、気持ちの整理をお手伝いさせて頂くお仕事をしているんだと改めて感じました。

今回は2.5tトラック2台分の量がありました。お客様はこの機会に奥様の物だけでなく、家の中の不用品も一緒に片付けてしまいたいと思っておられました。恐らくお客様ご自身の生前整理も兼ねておられたんじゃないかと私は感じました。

今回の作業も小物類が多かったですので分別からしていきます。奥様の衣類を分別させて頂いてた時のご主人の寂しそうな表情がとても印象的でした。奥様のお洋服を見て、沢山の思い出が蘇ってきたんじゃないかと思いました。『お洋服ですが少し残さなくても大丈夫ですか?』とお聞きしましたが、ご主人は今回、気持ちの区切りをつける決意で臨んでおられるとの事で、全部片付けて欲しいとの事でした。

分別した不用品を搬出してトラックに積み込みます。今回は、4名作業でさせて頂きましたので約2時間半で無事完了しました。お客様もやっとすっきりできたと大変お喜び下さいました。

今回は、お客様の思いやお気持ちの整理に少しでもお役に立てて良かったと思います。今後もお客様の様々な思いを大事に、少しでもお役に立てるご提案を心掛けて参ります。

遺品整理・生前整理は『便利屋ホウワ』へお任せ下さい。

LINEで送る