LINEで送る

皆様こんにちは!ホウワのDXこと松山大祐です。またまたご無沙汰しておりました。

今日は、お盆に生前整理をする事をお薦めするお話を。お盆はどこのお家でも、親戚や身内が沢山集まる機会ではないでしょうか?是非その機会をご利用頂ければと思います。自分が亡くなった後、自分の所持する物を身内や親戚の方等が整理をする。。。俗に言う遺品整理となる訳ですが、自分が立ち会って周りの意見や欲求を聞いてみるのもいいかも知れません。自分が所持する物に身内や親戚等が、どの様な心情を持っているのかを知ってみれば、生前の元気なうちに色々と自分の整理ができるきっかけになるかも知れません。必要とされる物、そうでない物、それぞれあると思いますが、必要とされる物よりもそうでない物の方が断然多いという事にお気付きになると思います。私は遺品整理をご依頼頂いたお客様宅へ何度もお伺いしていますが、お家にある物の中で必要と認識される物は、全体の1~3%程度というのが一般的な数値だと思います。残り97~99%の物については、不用品であり処分される物となります。ですのでほとんどの物を選別後捨てるという大変な作業と高額な料金を身内の方に任せる事になる・・・これが遺品整理となります。そこで身内が集まるお盆に周りの意見をお聞きになって、亡くなった後に誰にも迷惑を掛けない為に整理をしてみませんか?一例をあげますと、アルバムなんかは分かり易いかも知れません。どこのおうちにもアルバムがあると思います。自分だけでなく、両親や祖父母、もっと古いご先祖様等・・・なかなか捨てれない物なので結構な数のアルバムがあると思います。しかし悲しい事に、代々受け継がれていてもどこかの代で必ず捨てられてしまう事が多いのがアルバムなのです。そこで自分のアルバムだけでも整理してみてはいかがでしょうか?何十冊もあるアルバムから写真を厳選して一冊の『マイベストアルバム』として製作し、自分の事を知っている人・・・子供・孫・曾孫に残し、それ以外の写真については自分の手でさよならをする。これだけでもかなりの数を整理できる事になります。自分の物は自分の手で感謝の気持ちを確認しながらさよならをする。。。これが一番良い形ではないでしょうか?当社はお盆も営業していますので、いつでもお問い合わせ下さいませ!

text-img01

LINEで送る