LINEで送る

皆様こんにちは!ホウワのDXこと松山大祐です。

今回は依水園の田代館長様からの依頼で、東京都文京区の関家(依水園様の前の持ち主)から美術品の運搬をお任せ頂きました。今回の経緯ですが、東京都文京区の旧家を解体するにあたり、貴重な雛人形等をどうするかという事になり、関家の方が色々と模索されている時にたまたま依水園様で『開園60周年記念 依水園主人 関 藤次郎の軌跡』という展覧会を実施されており、それを知った関家の方がお譲りしたいという事になったそうです。元々この世に5体しかない人形だそうで、現存するのはこの1体だけかも知れないとの事でした。

今回の作業は、厳重梱包と超安全な輸送が必要な内容でした。積地が東京都でしたので、私共の協力業者の営業スタッフに現物確認をしてもらい、梱包の方法等を聞きながら慎重に計画をすすめました。梱包と輸送を無事終えて、依水園様へ搬入するところから取材させて頂きました。

エアキャップと段ボールシートで厳重な梱包を施したお荷物を搬入します。様々なパーツがありますので、一点ずつ確認頂きながら降ろしていきます。

搬入したお荷物は、丁寧に梱包を解いてご確認頂き置いていきます。本当に貴重な物ですので、作業スタッフも緊張しながらの作業です。文化財に匹敵する様なお荷物かと思いますので、現場の緊張感はハンパなかったです。

人形のパーツの点数がものすごく多い事にビックリしました。昔(明治か大正時代の物らしいです)の雛人形は組立も大変だったんだなと思います。

すべて搬入し梱包を解いて作業完了です。梱包したまま置いておく指示を受けた物はそのまま置かせて頂きました。この後人形に詳しい方を御招きして一度組立してみるそうです。今後は人形の保管方法等の課題もあるそうで、貴重な物は色々と大変なんだなと思いました。

美術品や貴重なお荷物の運搬は『便利屋ホウワ』にお任せ下さい!

LINEで送る