LINEで送る

ホウワコンテナショップ店長のコンテナまみれの日々 第110話!

こんばんは、三木です。

本日はコンテナのタッチアップ(錆落とし処理)の流れを簡単にご説明。

①錆が出ている箇所

mente1中古コンテナは、部分的に錆が出てきてしまいます。

 

 

 

②錆を除去

mente2

グラインダー等でケレンを行ない、錆を一通り行ないます。

出来る限り綺麗に錆を除去して頂くことをオススメ致します。

 

 

 

 

 

③錆を完全除去

mente3

 

ここまで落とし、鉄の地肌が出ればOKです。

 

 

 

 

 

④ケレン部に錆び止めペンキ

mente4

 

サビ除去部分に錆び止めペンキを塗って下さい。

さび止めを2回~3回程塗り重ねることにより、サビ止め効果は上がっていきます。

塗れば塗るほど、防サビ効果が得られます。

 

 

⑤ペイント仕上げ

mente5さび止めペイント塗装後は油性もしくは水性の仕上げペンキを塗って頂く事をオススメ致します。

錆び止めペイントのみですと、何回塗っても防サビ効果は弱いままです。

仕上げの塗装で膜を貼る事により、強いさび止め効果を得る事が出来ます。

 

錆の事を考えると、仕上げの塗装を行なうことは、大事な防錆対策となります。

錆落としに関するお問い合せはホウワコンテナショップまでご連絡を。

詳しくは0120-16-1771までお願い致します。

 

以上三木でした。

 

 

 

 

LINEで送る