こちらは奈良県内で令和四年の冬に施工した深さ5メートルの浅井戸です。災害時の生活用水確保のほか、自動車や農機具の洗車、農産物の洗い(土落とし)などエンジンポンプで汲み上げて多用途に使う目的で井戸掘りをご依頼いただきました。

深さ5メートルの浅井戸が水不足解消に活躍中です
広い田んぼを存分に満たすほどの水量は望めませんが、減った水を補う程度には十分役立っているとのことです。今年は特に暑く、梅雨も早々に明けてしまったので、掘っておいて良かったと喜んでおられました。

近い将来必ず起こるといわれる大地震。もし発生の際には水道などライフラインの寸断は必至と考えられます。近年の実例を見ても災害発生から3日間は飲料水確保のため1人1日当たり3リットル程度が給水されましたが、これはあくまでも飲み水としての話で生活用水までは賄ってもらえないのが現実。家族の衛生的な生活のためには日々百リットル以上の生活水が必要です。(トイレをはじめ洗濯やシャワー、洗い物など)
せめてご自身の土地に一つの井戸さえあればライフラインが復旧するまで家族全員の衛生的な生活を守ることが可能です。

当社は実際に掘ってみて、水が出てはじめて料金を頂戴しております。万が一出なかった場合は一切の料金もかかりません。ぜひお気軽にお問合せ下さい。

井戸のQ&A