お家じまい・・・物事には必ず終焉があり、お家にもいつか必ず最後が訪れます。住んでいる、住んでいた、人や家族の様々な旅立ちに合わせて必要が無くなる時。それがお家じまいのタイミングかと思います。色々な思い出と共に最後を迎えるお家、今回は、お客様のご高齢のお母様が入院された事を機に、お家じまいを決断された娘様からのご依頼でお片付けをさせて頂きました。

家じまいに伴うお片付け

今回は、4日間に分けて作業をさせて頂きました。私共がお引越や他の不用品回収等のお仕事で、かなりスケジュールが詰っていましたので、いわゆるフリー便と呼ばれるお昼からの作業でご対応させて頂きました。6LDK+広いお庭+外倉庫という大変大きなお家でしたので、4日間に分けて回収作業をさせて頂きました

現状

現状
事前にお客様にて、要る物を分別して取っておいて下さいましたので、残っている物は処分という事で作業させて頂きました。
現状2
お客様のお母様が入院されている間でのお片付け。お客様である娘様が、入院中のお母様を説き伏せて全て処分するという形に持ち込んだそうです。

分別作業

分別
お客様のお母様が入院される前の、ほぼ生活している状態でしたので、細々した物が沢山ありました。実質2日がかりの分別作業となりました。
分別2
長年住んでおられたお家ですので、昭和の物が沢山・・・いえほとんど昭和の物でした。
分別3
段ボールに入った状態で収納されてる物も多く、たくさんの段ボールが出ましたので綺麗に分別します。

作業完了

完了
今回の取材は、私が見積や他の現場の取材が重なり、搬出時の画像がありません。なので、4日目の作業完了となります。
完了2
今回の現場は、駅前の商店街みたいな場所で、通常はトラックの駐車場所に困るのですが、今回はお客様のお家の隣の解体済みの土地をお借りできましたので助かりました。
完了3
最後にお客様にご確認頂き作業完了となりました。お客様自身のお家もまた、片付けの依頼をしたいと仰って下さいました。

お家のお片付け、お家じまいは『便利屋ホウワ』へお任せ下さい。