LINEで送る

店長のコンテナまみれの日々 第398話
こんばんは、三木です。
先週に納品が完了致しました、中古スーパーハウスの2連棟タイプの納品例を簡単にご紹介。
今回不動産会社様が移転されるという事で、当社のスーパーハウスをご購入頂きました。さらに事務所移転という事もあり、株式会社ホウワグループのホウワ引越センターと共同での業務を行わせて頂きました。有難う御座います。
まずは、三木担当のスーパーハウスの本体搬入作業となります。
スーパーハウス2連棟タイプ納品/奈良市

地面に若干傾斜があったのですが、スペーサーとブロックを用いてレベル出し作業をしっかりと行い、設置作業は無事完了しました。
庫内に関しましては元々スーパーハウスの壁天井は厚さ4mmの化粧合板となるのですが、事務所にてご使用頂くには少し暗い感じがありましたので、部屋内を明るくしたいとのご要望から、追加で内装加工をご提案させて頂き、ご納得頂いた後に内装作業を行わせて頂きました。


元の合板から追加で内装工事を行って行きます。

画像では天井はすでに石膏ボードを貼付けましておりますが、壁は暗めの化粧合板のままです。
この化粧合板の上から、新たに石膏ボードを張りおえた後にクロスを張って仕上げていく流れとなります。


トイレの間仕切壁製作

スーパーハウス内にトイレが付いておりませんので、追加でトイレの取付も行わせて頂く形となりまして、トイレ壁の下地施工を行っていきます。


石膏ボードを張り終わりました。

二日間で石膏ボードを張り終え、クロス施工用のパテ埋めをクロス屋さんに行ってもらいました。

クロス貼り完了後、荷物の搬入完了
クロス貼りはお客様にてご施工をされまして、当社の方では施工できなくて残念だったのですが、各ポイントでアクセントクロスを張られておられ、かなりおしゃれな空間で明るい感じに大変身。
クロスの方も張り終わってすぐに、ホウワ引越しセンターの移転業務が完了したのですが、あっという間に完了してしまい、私が行った時間が少し遅かったので写真撮影できませんでした。

株式会社ホウワでは、移転先の土地さえあれば、建物、移転業務、外構業務、などすべての業務をまとめて行わせて頂く事が出来ますので手間いらず。
何社も相見積もりを取っている時間があるのであれば、お客様とのご契約に力を注いでいただき、煩わしい業務は株式会社ホウワにすべてお任せください。(もちろんコストを出来る限り抑えて、ご納得頂けるご提案をさせて頂きます。)
コンテナハウスをはじめ、移転業務(引越業務)、外構解体工事などをご検討の際は、当社ご連絡をくださいませ。
お問い合わせは0120-16-1771となります。
以上三木でした。

LINEで送る