LINEで送る

中古20フィートドライコンテナを事務所に改造する様子をお見せします

containercustomindeximg05一つ一つの工程の積み重ねでこんな立派な事務所に生まれ変わります。 プレハブで建てるよりはるかに頑丈で長期間安心して使用できる事と移設が簡単な所が魅力です。壁:クロス張り 床:クッションフロアー仕上げ


勝手口ドア;1ヵ所 サイズ(W×H)840mm×1,840mm
引き違い窓:2ヵ所 サイズ(W×H)1,700mm×900mm
換気扇取付け サイズ 枠25cm 羽20cm
内装工事 天井:ジプトーン仕上げ
壁:クロス仕上げ
床:クッションフロアー仕上げ
(下地:断熱材含む)
電気工事 蛍光灯取付け40w2灯式:2ヵ所
スイッチ:1ヵ所
コンセント:4ヵ所
ブレーカー:1ヵ所
内部配線
外装ペイント ご指定色1色仕上げ

ホウワコンテナショップでは、内装工事をすべて本物の現役の大工さんが行なっております。
仕上がりが綺麗で高品質。細部までこだわりを持って行なっております。
他社にはマネできない仕上げなので、きっとお客様にもお喜び頂けると思います。

事務所タイプ改造の流れ
20ftドライコンテナ本体です。この本体が大変身します! 初めに勝手口ドアーを取り付ける為に開口します。

containerCustomIndexImg06

containerCustomIndexImg07

次は窓の取付け部分の開口です。 このように窓取付け用に2ヵ所を開口しました。

containerCustomIndexImg08

containerCustomIndexImg09

開口した所をサンダーにて仕舞作業します。 窓取付け開口の次は窓取付け用の枠を取付けます。

containerkaiko10

containerCustomIndexImg11

換気扇取付けの枠を開口して枠を取り付けます。 すべての開口・枠取付け作業が終わりましたら次は外装ペイントを施します。

containerCustomIndexImg12

containerCustomIndexImg13

このように換気扇取付け枠も綺麗に仕上がっています。 そして内装工事に取りかかります。下地をこのように付けた後、断熱・配線工事を行います。

containerCustomIndexImg14

containerCustomIndexImg15

配線工事が終わりますとボードを取り付けます。 段差を付ける事により玄関が出来上がります。

containerCustomIndexImg16

containerCustomIndexImg17

壁・天井・床の内装を仕上げております。 床面のクロスが仕上がりました。

containerCustomIndexImg18

containerCustomIndexImg19

中から見た出入口の様子です。 このように電気工事をして完成します。

containerCustomIndexImg20

containerCustomIndexImg21

他に10ft・12ft・40ftすべてに対応可能です。
何よりも頑丈で使い勝手も良い! 密封性が高くて冷暖房もよく効いて移設もワンタッチ・・でいいことずくめ。
どの様なご要望であれお客様のご希望に合わせたコンテナハウスをおつくりします!


containerheaderinfo22

お問い合せは下記のフォームよりお気軽にどうぞ


containerheaderinfo22

LINEで送る

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)