LINEで送る

空き家になった実家の後始末 | 奈良市で遺品整理、不用品処分、解体工事
今回のお客様はご自分が生まれ育ったご実家がご両親の高齢化により空き家になり、不審火や空き巣、各種犯罪や害獣住みつき等のリスクを避けたいとの事でご実家の後始末を当社にご依頼いただいた例です。まず家の中にある家財の始末として思い入れのある残したいものと処分してしまっても良いものに分別。遺品整理を行うとともに不用品処分を行うことで家の中を空っぽにし、その後に解体工事で建物を撤去し、更地にしたリスクの無い状態でご実家の土地を保有されていく計画となりました。

遺品整理、不用品処分で家財の後始末

遺品整理、不用品処分で家を空っぽに
この作業により家の中を空っぽにします。ホウワなら残したい遺品が今すぐご遺族様のご住居に搬入できない場合でもトランクルームによる遺品保管サービスがご利用可能です。

養生と屋根瓦の撤去

養生と屋根瓦の撤去
養生が終わり次第、屋根瓦の撤去。


ハチの巣に注意です
この時期は蜂に注意をしながら作業をすすめます。


ダンプカーに投入してゆきます
屋根瓦はダンプに積んでリサイクル施設へ運搬します。

建物の取り壊し

引き続き建物の取り壊しにかかります
引き続き建物の取り壊しにかかります。


重機と手作業で工事を進めます
重機と手作業で分別をしながら工事を進めます。


一日でここまで進みました
一日でここまで進みました。

基礎コンクリートの撤去

基礎コンクリートの撤去
敷地が狭いのでサイズの小さな油圧ショベルを投入しました。


基礎コンクリートの撤去
基礎コンクリートを撤去します。

境界部の撤去

境界部の撤去
こちらのお宅の場合、犬走り土間の部分がお隣様との共用部分になるため、慎重に手作業で取り壊しをしてゆきます。


境界部の撤去




これからも作業、工事の進捗により随時更新してまいります。

LINEで送る