LINEで送る

油圧ショベルはなぜ「ユンボ」と言うのか? | その語源について
ご覧いただきありがとうございます、ホウワの西川健次です。
解体工事をはじめとして土を触る工事となれば、私たちにとって無くてはならない車両(重機)が上記写真の通称「ユンボ」なのですが、このようなキャタピラー付きの台車にショベルが付いた建設機械を本来の名称としては油圧ショベル・パワーショベル・ドラグショベル・バックホウ・ショベルカーなどと言うものの、業界内では一般的にぜんぶひっくるめて「ユンボ」と呼びます。

では何故ユンボと呼ぶのか?その語源について説明します。

ユンボの語源・ルーツ

昭和30年代の日本、国産での重機製造はほぼ皆無に等しく海外(主にヨーロッパ)からの輸入に頼っていたのですが、昭和36年 新三菱重工(現在の三菱重工業)がフランスのSICAM社より技術供与を受けて製造した代表機種のY35をSICAM社の商品名である「ユンボ=Yumbo」の名称で販売しました。このY35がすこぶる性能が良く、評判も上々につき油圧ショベルの代名詞として「ユンボ」という名称が土木建設業界を中心に広く浸透していったそうです。(フランスのシカム社についても現在ではユンボ社と社名変更されています)

新三菱重工製 Y35 ユンボの仕様

歴史に残る名機 Y35 ユンボ
バケット容量0.25㎥、出力36ps、油圧95kgf/㎠、流量120L/min、油圧ポンプはギアポンプ1ポンプ1バルブ方式、最大掘削深さ4.05メートルで総重量8.3トン


ちなみに現在同事業を継承しているキャタピラージャパンには「ユンボ」と名付けた商品はなく、建設機械の呼称のひとつとなっているものの、日本国内においては「株式会社レンタルのニッケン」の登録商標となっています。

用途別の名称

さらにそれぞれの名称について、現在では下記のように区別されています。

パワーショベル
コマツが商品名として使っている名前。
ショベルカー
おもにマスコミ関係などが報道で使う名前。
バックホウ(バックホー)
日本の行政で使われている名前。
ドラグショベル
国交省などの文書で使われる名前。
油圧ショベル
土木建設業界で一般的に使われる名前。

で、これらをひとまとめに”ユンボ”ってよんでいる訳なんですね。

LINEで送る