LINEで送る

皆様こんにちは!ホウワのDXこと松山大祐です。

今回は大阪市で41年営業された中華料理店を、今月上旬に閉店されたお客様からのご依頼でお片付けをさせて頂きました。コロナ禍と年齢的な事で閉店を決められたそうですが、41年営業されたお店を閉めるのには物凄い葛藤があった事と思います。実際片付け中にご主人からお聞きしたお話しでは、営業終了後に奥様は寂しさや悲しみから涙を流されたとの事でした。

-現 状-

 

今回の中華料理店は、ビルの2階にありました。厨房と客間、小さな収納が1ヶ所の小さなお店でした。ただ、やはりお店ですので色々な物が所狭しと並んでおりました。

皆様は中華料理と聞いて何を連想されるでしょうか?私は必ず『中華料理=油』を連想します。今回は、41年分の油と埃が混じったガムみたいな物体を相手に苦戦しました。一度手に付くとネチャネチャした物体はなかなか取れなくて困りました。

-分別作業-

今回は、飲食店という事で食器類が一番多かったと思います。次いで調理器具ですね。厨房機器もそこそこありました。

-搬出作業-

まずは食事スペースの客間から片付けていきます。食器類や備品等、たくさんの小物がありましたのでなかなか大変でした。

こちらのビルはエレベーターがありましたが、4,6階が保育園で親御さんの送迎が多いので階段で搬出しました。元々2階の場合は階段作業の方が早いというのもありますが。

-作業完了-

不用品をすべて搬出、トラックに積み込んで作業が完了しました。スタッフいわく最後まで油との戦いでしたとの事です。その通りだと思います(笑)

床部分は油と埃の混じった物体が、5cmくらいの層になって積もっています。41年という時間は恐ろしいですね。

朝8時半からの作業開始で11時前には完了しました。・・・で、実はこの後すぐに厨房のクリーニングをさせて頂く事になっています。お客様が大家さんから、厨房の油を綺麗に落として返す様にと言われているとの事です。え?これを?と思われるかと思いますが、この後綺麗にさせて頂きます。41年分の油汚れは綺麗になるでしょうか?乞うご期待!

飲食店のお片付け・クリーニングは『便利屋ホウワ』へお任せ下さい!

LINEで送る