LINEで送る

皆様こんにちは!ホウワのDXこと松山大祐です。

今回は斑鳩町で廃業された病院のお片付けをさせて頂きました。主に病室のベッドやソファー等の引き取りとなりました。当日は事前にお聞きしていなかった物も追加でご依頼があり、ご対応させて頂きました。開業されてから43年間診察をしてこられたそうで、院長先生はベッドやソファーが運び出されるのを寂しそうに見ておられました。やっぱり色々な思い出や様々な想いが巡るのでしょうね。また、こちらの病院の後ろ側に住居部分があり、現在もお住まいなのですが今後は別の家を探してこちらは売却を考えているそうです。解体でまたご依頼下さるといううれしいお話も頂きました。その際は全力でご対応させて頂きます!

建物の2階が病室となっており、ベッドが2台ずつありました。部屋数は8部屋ほどありました。また、1階部分の事前にお聞きしていなかったお部屋の物も追加でご対応させて頂きました。不用品処分の現場では、当日にあれもこれもと増える事がよくありますので、営業スタッフの私はいつもその事を見越してある程度余分なスペースを確保するようにしています。

ベッドを分解するスタッフと搬出するスタッフに分かれての作業です。処分品の分解は、捨てるものなのであまり気にする事がないので早いです。お引越の家具分解の場合は、再組立が大前提となりますので、非常に神経を使います。メーカーによっては木ネジが使われていたり、一度分解してしまうと、ネジ穴が広がって復元できないタイプの家具もありますので注意が必要です。

ベッドとソファーだけで3tトラック1台が満杯になりました。ここまでの作業時間は約30分、さすが当社のスーパースタッフ!かなり早いペースです!早ければいいという訳ではないのですが、あまり時間が掛かりすぎると、立会下さっているお客様もお疲れになられますので、丁寧に早くの作業を心掛けます。

続いて鉄類の搬出です。鉄類も3tトラック1台分ありました。ベッドのフレームやベビーベッド等、鉄の不用品が沢山ありました。これらの鉄類は少しプラスチック等がついていたり、気のパーツが付いていたりしますので全て取り外して完全に分類します。

医療機器等もお願いされましたので引き取りさせて頂きました。

その他シーツや紙おむつ、雑ゴミもお引取させて頂きました。約2時間で引取作業は完了、さすが当社のスタッフ!仕事が早いです!この後処分場に持ち込みますので当社スタッフは出発します。

もう一つご依頼頂いておりました看板の撤去です。43年間の役目を終えて取り外しされました。何か少し寂しいですね。院長先生も横でずっと作業を見守っておられました。色々と43年間の想いをめぐらせておられたと思います。

看板の取外しですが、以外と簡単に取り外し完了です。壁に止めていた金物を撤去して、ビス穴をシーラーで綺麗に埋めて完了です。ただ、40年以上前のものなので、壁がボロボロになっており、お客様に補修をお薦めしておきました。取り外してみると意外と大きいので少しびっくりしました。

1階の看板も取り外し、2階同様に穴埋めをして完了です。40年以上前の看板なので、跡がクッキリ残っています。看板が無くなると建物は病院という感じが全くなくなりますね。

看板の撤去等も是非『便利屋ホウワ』へお任せ下さい!

 

LINEで送る