LINEで送る

皆様こんにちは!ホウワのこと松山大祐です。

今回は、またまた前回に引き続きまして事故物件のCF入替作業をさせて頂きました。CF=床のクッションフロアの事で、今回の現場では大量の血液が付着しておりましたので、新しく張替させて頂きました。元々のCFと同じ物があれば良かったのですが、なにぶん古い物件でしたので同じ物がなく、限りなく近い物をご用意して張替させて頂きました。

-既存CFの剥がし-

CFを張替する前に、既存の古いCFを剥がします。前回のハウスクリーニングで血液を除去しましたが、CFの下まで浸透していないか確認しながら剥がしました。幸い既存CFで止まっていましたので作業をすすめます。

既存CFを剥がしてから残った糊を除去していきます。これが残ると凸凹の原因となりますので、念入りに剥がして何度も確認します。

-CF張替準備-

今回の張替は、玄関前廊下と洗面所の2ヶ所でした。ちょうどカタカナの『ト』の様な形に張ります。元々の既存CFは廊下を一枚で、洗面所も一枚で別々に張ってありました。当社の職人は見栄えがよいという理由で一枚張りにする事にしました。職人の拘りですね。

CFを張るのに使用する糊です。糊を塗って張っていくのですが、足場を考慮しながら塗らないと困った事になります。

足場を残して糊を塗っています。まず奥から少しずつ張っていきながら、また糊を塗って・・・とすすめていきます。

-CF張替-

CFは大まかな形に切ってから張り始めますので、少しずつ合わせながら切って張っていきます。床から釘の頭が出ていたりもしますので、金槌で叩いて破れに繋がらないようにします。

ずっと職人の作業を見ていましたが、一枚張りはやっぱり技術が要りますね。二枚張りなら私でも何とか張れるような気がしますが、一枚張りは絶対無理だと思いました。

既存のCFとの継ぎ目を綺麗に仕上げていきます。色が少し明るいですが、柄はよく似ており違和感はあまりなかったです。

-張替完了-

綺麗な仕上がりで作業完了です。一枚張りなので廊下と洗面所の継ぎ目がなく、とても仕上がりが綺麗でした。大家さんもとてもお喜び下さいました。

CF張替は腕の良い職人が在籍する『便利屋ホウワ』へお任せ下さい!

LINEで送る