LINEで送る

ども! ホウワの西川健次です。
当社も、私自身もアマゾンさんとは縁もゆかりもございませんが、前々から気にはなっていたAmazonさんのFire TV Stick。買ってみて、実際に使ってみてあまりの良さに驚いたので、今更ですが簡単にレポートをさせていただきました。


これは参りました、アマゾンのファイヤーテレビスティック
値段は税込み、送料込みで4980円。アマゾンさんに夕方注文して翌朝には届く、相変わらずの超スピードぶり。

これは参りました、アマゾンのファイヤーテレビスティック
箱の裏側にも、なんやかんやと出来る事やデュアルコアとか、よくわかりませんが性能的な事が書いてあります。

テレビへの取り付けやセッティングはわずか数十秒

これは参りました、アマゾンのファイヤーテレビスティック
本体は100円ライターを一回り大きくしたような大きさ。この本体をテレビのHDMI端子にプスッとさし込んで、電源をコンセントにさすだけの超簡単作業。
えーっ!ホントにこれだけでいいの?って感じですが、たったこれだけで完了。あとはリモコンでWi-Fiを選べば、あっさり接続も完了して、視聴開始と相成ります。

いざ、視聴開始

まず、ビデオとか、映画とか、アニメとかテレビ番組とか。無料で視聴できる種類の多さにホントにビックリしました。新しいものだけでなく、自分的には結構好きな、ちょっと古い映画のある事、ある事。映画系以外にも「プライムミュージック」てのがあって、洋楽邦楽問わず好きな音楽も聞き放題。さらに、まだやってはないけど、ゲームもいろいろ出来るみたい。

さらに、好きなアプリを入れる事で、ユーチューブやhulu、GYAO!、NHK worldTVやニコニコ動画も見放題。試しにちょっとYouTubeを見てみましたけど、スマホやPCで見るのとは段違い。やっぱりソファーに転がってTVで見ると「楽しみ感」が違いますね。

リモコンのレスポンスにもびっくり

さらに特筆すべきはこのリモコン。
これは参りました、アマゾンのファイヤーテレビスティック
正直、リモコンには期待していませんでした。
Bluetoothって言うのかな?電波式のリモコンみたいで、まるで有線リモコンみたいにサクサク反応します。
これは参りました、アマゾンのファイヤーテレビスティック
こんな小さいリモコンですが、普通に使いやすい。このサクサク感もクセになりそうな気持よさ。 いやー、恐れ入りました。

iPhoneやスマートフォンをリモコンとして使う事でさらに便利に、快適に

こちらは更に超便利。音声検索を利用できるので、見たい映画の名前や人名、聞きたい音楽の題名やアーティスト名を電話に向かってしゃべるだけでOK。
動きのサクサク感は相変わらずで、これはええわ。

日本人として喜んでばかりはいられない。その破壊力に・・! 思わず、日本の家電メーカーを憂う

これって、よくよく考えたら日本の名だたる家電メーカーが「スマートTV」でやろうとした事を、わずか4980円のスティックで実現してしまったという事ですよね。実際、自分がアナログ放送時代に買った古くてボロいソニー製液晶テレビもスティクを差し込むだけで「スマートTV」に変身してしまいました。

もちろんアマゾンさんも、たった4980円のスティックを売って儲けようとしているのではない事は、ど素人の自分にもわかる事。既存のテレビをインターネットにつなげることで、ユーザーを囲い込み、あらゆるコンテンツを売ってゆこうとしているんだと思う。

かつては「家電の王様」と言われたテレビも、これからのネット時代には「ただの表示箱」にすぎなくなり、付加価値の大半はネットの向こう側にあるクラウドからやってくる。いまだに画質や音質を売りにする日本の家電メーカーの気概はわからないでもないけど、それだけでは新しいビジネスモデルに対応できない様に思います。

日本の家電メーカー、放送会社、家庭用TVゲーム機会社は、黒船の如く海の向こうからやってくるこの安くてちっちゃなスティックを侮ってはいけないと感じました。テレビの使い方、あり方そのものを変えてしまう可能性大だと思うのですが。

LINEで送る